読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃどばどばどば

まったりゆったりどばどばシャドウバース

環境が1周しましたね

最近ちょっとシャドバおやすみしてました

いろいろ忙しくて、、、すみません。

さて、RAGEも終わりgameAIさんのアマチュアチーム日本一も終わりました。

みなさんお気づきでしょうが今ミッドロイヤルが激アツです

前環境でトップメタであったミッドロイヤルがエボルヴ導入で下火になり、また再興というわけです

環境が1周したというのはまさにこの事ですね。

前回詳細させていただいたミッドロイヤルは
コントロールに寄せたミッドロイヤルでした。

あれはあれで強いのですが、なにより中途半端です

ミッドレンジなのか、コントロールなのか
よく分からない構築でした。


今回は現在のAA帯で使っている純ミッドレンジロイヤルの構築を紹介しようかなと思います。


見切れているのはクイックブレーダー2枚とヴァンガード3枚です。
おおまかなカードの採用理由は以前の記事をご覧頂ければと思います。

アドバンスブレーダー不採用の理由

出せば兵士2枚サーチ。スタッツも5コス標準で指揮官付きの優秀なフォロワーです。
ロイヤルの少ない5コスフォロワー枠の一角ですね。

兵士2枚サーチという効果は強いのですが、
正直に言ってアドバンスブレーダーで持ってきたい兵士は冷酷なる暗殺者ツバキだけです。

要するに確定除去札を引くためにアドバンスブレーダーを出すわけです。
しかしこのデッキ兵士が総勢25枚あります。
この中からツバキをピンで持ってくるのはなかなかの技です。アドバンスブレーダーを出した次の6ターン目は
やはりロイヤルの6コスカードをプレイしたいです

このカードたちですね。

最速アドバンスブレーダーが次のターンまで確実に場に残るという保証もありません。相手もまだ進化権を使い切っていません。

という理由で5ターン目にアドバンスブレーダーを出すのは他のカードを出す動きより弱いと判断し今回採用を見送りました

プレイング

基本的に盤面での有利トレードを繰り返していき、
相手の盤面が空いた所を殴ります。
以前の環境の最強ムーブであった
後攻
1T クイックブレーダー
2T 不屈の兵士
3T フェンサー
4T フローラルフェンサー
5T ロイヤルセイバーオーレリア、風神
6T 海底都市王乙姫
7T セージコマンダー

という固定観念に囚われず、柔軟にカードをプレイすることが大切です。

このカードをプレイしたら次のターン相手は何をプレイするか
次のターンこのカードを使われた時のケアが必要だからこのカードを残しておこう
こうすれば次のターン相手はこのカードを使ってくれるだろう


など常に「相手の次の手」を考えることが1番大切だと思います。
これは何回も対戦して感覚を掴む以外練習する方法はないと思います。頑張りましょう。

加えて
このターン相手はまだリーサル圏内ではないだろう
このターン盤面を取らなくても次のターンはトドメを刺されないだろう
など相手のリーサル圏内を常に計算し、盤面を取ることだけに集中しないようにすることも大切です。

こういったカードは特に注意ですね
フェアリーの枚数をちゃんと数えたり、墓地の数を常に視野に入れながら試合を進めて行きましょう

総括

ミッドレンジロイヤルがまた環境入りしたということは
以前の環境トップメタが再度環境入りしてくる可能性は大いにあります。
常に変動する環境を読みながら、カードを入れ替え
型にハマらず柔軟に動く事が大切だと思います、


長々とお付き合いいただきありがとうございました。
最後にデッキコードを乗せておくのでご利用ください。