読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃどばどばどば

まったりゆったりどばどばシャドウバース

疾走ビショという可能性

昨日のコントロールロイヤルの記事を皆さんに見ていただいて感動しております。(笑)



さて今日の記事ですね。Tier1候補のデッキです。
『疾走ビショップ』です。

今回レジェンド無しの構築になります。

始めたばかりでエーテルが足りない!
強いデッキが作りたい!けどレジェンド高い、、、

って言う方にホントにオススメします。
マジで強いです。

レシピ


1枚で収まったので今回はゲーム画面ですね。

エーテル数は驚異の5200です。驚きですね。

ほんとにこんなので勝てるの??
と思った方。本当に勝てます。
自分もこのデッキだけでランク1つ上げました。
このデッキ化け物じみてます。

解説

  • 詠唱・白翼への祈り3枚

初動枠。カウントダウン2で2/1の疾走です。
貴重な疾走枠。

  • 詠唱・聖なる願い3枚

これも初動枠。カウントダウン3で2枚ドロー。安定のドローソース。

  • マイニュ3枚

2コス2/2枠。相手の選択に取られないので
ダメージスペル等気にせず殴ることができますね。強い。
ハゲや法典の対象にならないのもデカイ。

  • 気高き教理3枚

貴重なカウントダウンを進めるスペル。1ドローもおいしい。2コスとは思えない動きしてくれます。

  • 漆黒の法典2枚

相手の鬱陶しいラストワードや体力3以下になったフォロワーを焼きましょう。ケリドウェンの対策にもなります。

  • 詠唱・獣姫の呼び声3枚

新カードですね。カウントダウン3で4/4のバニラと2/1の疾走を呼びます。使い勝手もよく下に書くガルラとの相性も抜群。

  • 見習いシスター3枚

カウントダウンを進める枠。コストも低くスタッツも相応なので使い勝手が最高ですね。

  • プリズムプリースト3枚

カウントダウンアミュレットをサーチします。
これも考えず3枚入れましょう。

  • 詠唱・神鳥の呼び笛3枚

カウントダウン2で3/4の疾走を呼びます。疾走枠。
迷わず3枚。ガルラとの相性もいい。

  • デモンストライク3枚

ダメージスペル。最後のダメ押しですね。
守護が並んで直接殴れない時に投げましょう。
あまりフォロワーには打ちたくない。

  • 鉄槌の僧侶3枚

ハゲ。消滅おじさん。みんな嫌いかなあと思います。
迷わず3枚。テンポを取りにいきましょう。このデッキはテンポが全てです。

  • 詠唱・死の宣告1枚

相手のフォロワーを牽制したり、見習いシスター等と組み合わせて相手のフォロワーを除去したり。多く積んでも
プリズムプリーストのサーチ先が増えるだけなのでピン指し。

  • 死の舞踏2枚

新カードですね。相手のフォロワーを破壊しつつリーダーに2点。守護を焼いたり最後のダメ押しなどにどうぞ。
かなり便利なカードですね。

  • 天空の守護者ガルラ3枚

今回のキーカード。リーダースキンフォロワー。こいつのお陰で疾走ビショップがめちゃくちゃ強くなりました。まず出すだけで3点。
更にカウントダウンを3進めるので獣姫の呼び声や神鳥を呼ぶ笛等疾走フォロワーが出てくるアミュレットと組合わましょう。素出ししても強いです。
効果だけ呼んでもピンとしない方は是非使ってみてください。頭おかしいぐらいつよいです。

最後のダメ押し。このカードが出てくる頃には相手もかなり焦っていると思いますのでぶん投げましょう。
一応疾走枠。

注意点

低コスト疾走アミュレットを軸にしていますので基本試合が長引くと不利になります。7.8t目ぐらいには決着を付けたいですね。

あとは序盤から積極的にアミュレットを出していきましょう。引けない場合は祈って引いてください。(笑)

余談

ここでなぜこの構築で勝てるのかをお話しますね。
この疾走のフォロワーは基本アミュレットを経由して出てきます。これが強いのです。
超越などはダメージスペルを駆使して自分の超越なりフレイムデストロイヤー等のコストを下げて戦います。
アミュレットにはダメージスペルは使えません。
現在アミュレットに反応できるカードが少ないので序盤から盤面を固めることができ、アミュレットが壊れた時にとんでもない爆発力を産む訳です。

エルフ等にも同じことが言えます。アミュレットをバウンスできるカードは少ないので有利に盤面を固めることが出来ます。

あとはレジェンドを採用してない理由ですね。
単純に他のカードを使った方が強いからです。
ムーンアルミラージなどは少々使い勝手が悪いように感じたので今回外しました。6ターン目にはガルラをプレイしたいです。除去なら死の舞踏のほうが優秀ですしね。
ガブリエルもそうです。フォロワーを縦に伸ばすよりダメージスペルのほうが使い勝手がいい気がしたので採用していません。

いつも通りリンクを貼っておきますのでデッキコード発行の際などにお使い下さい。

このデッキを握って思ったのはビショップがかなり盛り返してきたなってことです。安い上に強い。
また今度は同じビショップクラスのセラフのデッキを書きますね。

余りのエーテルで作ってみたりしてみてはいかがでしょうか。

多分AA帯を目指せるポテンシャルはあると思います。
みなさんのシャドバライフが捗る事を祈って今回は終えさせて頂きます。